裏面

自由空間きた田20周年記念イベント開催!!

By kitada, 2016年10月18日


- Greeting -

自由空間きた田は地域の文化の創造と発信するギャラリー&フリースペースとして開設し、今年記念すべき20周年を迎えます。

これまで様々なジャンルの音楽家や作家のみなさんに素敵な創造空間を彩っていただきました。また多くの地域の方々に足を運んでいただき、その作品や音楽に触れていただくことで生まれた文化交流の輪は、自由空間きた田の歴史として、皆様とともに育ませていただいた時間とともに、何よりも大切な宝物となっています。

20年の節目とともに、またこれからの未来に向かって、自由な発想とともに、新たな魅力あふれる「自由空間きた田」をイメージしながら、20周年の記念企画を開催いたします。今回はとても魅力的なお二人のアーティストにご協力いただくことになりました。

 

野村誠さんは、国内外で独創的な活動で活躍されている、作曲家・ピアニストで、2012年のジオパークユネスコ国際会議島原大会に出席され島原半島ジオパークの魅力に触れて、「ジオパーク」をテーマにしたさまざまな音楽ワークショップに取り組んでくださったご縁があり、今回4年ぶりに来島いただくことになりました。

そして、松原正武さんは、独創的な創作の視点と手法から生み出される作品を発表されながら、関西を中心に活躍されてきた現代美術作家で、現在は島原市地域おこし協力隊の一員として島原市に移住し、地域の情報発信など、島原とのご縁を深めながら活動されています。

今回は20周年を記念して、これからの‘未来への種まき’をイメージして、自由空間きた田が、今もっとも注目する二人のアーティストの魅力にスポットをあてながら、お二人のコラボレーションから生まれる新たな世界への出会いにワクワクしながら企画いたしました。

また、自由空間きた田は「島原半島ジオパーク」の魅力に共感し、2009年から継続して、民間の立場から、食やアートなどを通じたジオパークの魅力を発信する企画などに取り組んできました。

今回の20周年においても、音楽やアート、民話の語り、食などさまざまな分野で活躍される皆さんとの島原半島ならではのコラボレーションを通して、島原半島の地域の魅力、島原半島ジオパークの魅力と可能性を五感いっぱいで感じながら、新たな魅力の発見の旅へと参加者の皆さんとともに出かけたいと思います。

 

- Event Information -

裏面

表面